News

銀座店のお花

  ・ラナンキュラス ・エピデンドラム ・ユーカリ   そして ・初御代桜   桜の中でも早咲きの種類だそうです。 お店に来た時はほとんど蕾でしたが1日できれいに開いてきました(^^)

Continue Reading

これが噂の!!

こんばんは、今日から4日まで札幌店研修に行かせていただきます、福岡店福井です。 神吉さんからよくお話は聞いていて行ってみたいと思っていたのですが銀座コバウさんに連れて行っていただけるとの事で菊地さんとお邪魔しました。 実は今回の銀座研修でものすごく楽しみにしていました!! 一品目の炙りユッケでやられてしまいました! ↑これが↓こう 食べる前から美味しい!! お肉を見て綺麗と思ったのは初めての経験でした笑 お肉もたくさんいただきましたが特に印象的だったのが韓国風すき焼き 見た目どうり結構な辛さとボリュームだったのですがペロリと完食!! 締めの冷麺まで美味しくいただきました。 唯一不安なのはこんなに美味しいお肉を食べてしまったら並大抵のお肉では満足出来ないかもしれない事ですね!

Continue Reading

離れてわかること

こんばんは、福岡店、福井です 東京に来て数日、ホームシックというわけではないのですが、至る所で見かける「九州」「博多」の看板に目が止まるようになってきました! 見かけるたびに福岡は今どんな感じかなと思いをはせております。 こんなにたくさんの九州ゆかりのあるお店があるとは、、、九州人気に驚きと誇らしさでいっぱいです!! そして買い出しの途中にも気がつけば九州発祥のお店が 見かけるだけでホッとする自分は根っからの九州人だと気付かされました。 (fukui)

Continue Reading

はぁって言うゲーム

先日、お客様に面白いゲームを教えていただきました カードに書かれたお題のセリフをシチュエーションに応じて 声と表情だけで演じて当てあうゲーム。 一回試しにということで、お題は「ふぅ」でした。 ・テンションが上がってる時の「ふぅ」 ・課題が終わった時の「ふぅ」 ・ギリギリセーフの「ふぅ」 ・ローソクを消す時の「ふぅ」 他にも沢山のお題がありましたが、これが結構面白いです! 家で過ごす時間が増えたと思いますが、お酒が入ってるときは更に盛り上がりそうです! いろいろありますねぇ~  

Continue Reading

ドランビュイ、の続き

20日に書かせていただいたブログの続きです。 カクテルとしてラスティ・ネイルを紹介しましたが、チャールズ・エドワード公の愛称である 「ボニー・プリンス・チャーリー」と名付けられたカクテルもあります。   ブランデー…2/5 ドランビュイ…1/5 ライムジュース…2/5 シェークしてカクテルグラスに注ぐ。   ラスティ・ネイルはスコッチウイスキーをベースにしており、こちらはブランデー。 ブランデーとの相性もとてもいいです。   話が変わり、ブログには「ドランビュイ」と書いていますが、普段は「ドランブイ」と呼んでいます。 参考にしたラルース酒事典(1985年発行)ではドランビュイとあり、ラルースカクテル事典(1986年発行)にもそのように記載されているので、「ドランビュイ」と書きました。 その後発行されている、ラルース新カクテル事典(2006年発行)には「ドランブイ」と記載されています。 時代が、流れております(^^)

Continue Reading

おのぼりさん

こんばんは、福岡店福井です。 休業中の福岡店ですがその間に銀座店へ研修へお邪魔しています。 東京には何度か遊びに来たことはあるのですが銀座に足を踏み入れるのは初めての体験です。 銀座の有名店やブランド店が立ち並ぶ中知っているお店が!! あれ?なんかオシャレだな? さすが銀座です、宅急便までオシャレでした。 銀座店には29日までその後は30日から4日まで札幌店での研修となります。 (fukui)

Continue Reading

姉妹都市

こんばんは、福岡店福井です。 先日信号待ちでふと足元を見ると 福岡市とオークランド市(アメリカ合衆国)は姉妹都市だったのですね!! あれ?確かフランスのボルドー市も姉妹都市だったような、、、 オークランド市(アメリカ合衆国)、ボルドー市(フランス共和国)、オークランド市(ニュージーランド)、イポー市(マレーシア)、ヤンゴン市(ミャンマー連邦共和国) 調べてみるとこんなにたくさん姉妹都市がありました!! 10年以上住んでいますがまだまだ福岡市について勉強しなければいけませんね! (fukui)

Continue Reading

満足をもたらす1滴

  ドランビュイ【Drambuie】 《ラルース酒事典》にはこのように紹介されています。 1745年の夏「ボニー・プリンス・チャーリー」と呼ばれたチャールズ・エドワード公はイングランド王位に対する野望を実現すべく、スコットランドで兵を挙げた。 ハイランド地方の多くの氏族の支援にもかかわらず、公はカルオーデンの戦いに敗れフランスに亡命する前にまずスカイ島に逃れた。 この島に滞在していたとき、公はマッキノンなる者に自分の好きなリキュールの作り方を伝授したというのである。 ドランビュイという名前は「満足をもたらす1滴」という意味の古代ゲール語、 アン・ドラム・ビュイデアックに由来する。 スコッチウイスキーとヒースの花からとった蜂蜜、各種の香草(ハーブ)をベースとするこのリキュールはそのまま、あるいはレモンを添えてオン・ザ・ロックにして、食事の最後に飲む。   寒い夜にはこのリキュールを使ったラスティ・ネイル(Rusty

Continue Reading