News

もう一度

神吉さんのブログにありました「ハリーズ・バー」のお話ですが、https://bar-vespa.com/post-10678ハリーズ・バーを開店させたチプリアーニの名を冠したお店がニューヨークにもありました。研修へ行かせていただく前に神吉さんから話を聞いていましたがレストランとカフェという形で出会えました。このシンボルマーク、街中でも真っ先に目に飛び込んできました。こちらはレストラン。そしてグランド・セントラル駅構内にあるカフェ。神吉さんが引用された本は私も読んだはずでしたが、ジュゼッペ・チプリアーニのイタリアとハリー・ピカリングのアメリカ、ハリーズ・バーが誕生する前からイタリアとアメリカがこのような絆で結ばれていた事を覚えていませんでした…。改めて読み返す機会を頂きました。

Continue Reading

GINのいろいろ

ご無沙汰しております。福岡店の福井です。緊急事態宣言の延長も決定しましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか?先日「病気が産んだカクテル

Continue Reading

うすはりグラス

先日お客様から「家で飲むならグラスぐらいはいいものを使いたくて、いつもの薄いグラスって何というの?」と、ご連絡をいただきました。ベスパでもお使いしているグラスはうすはりグラスと呼ばれるものなのですがあらためてご説明をちなみにうすはりのはり(玻璃)はガラスの事でそのまま薄いガラスで出来たグラスということです。うすはりグラスは、大正11年創業の松徳硝子が生み出した逸品です。

Continue Reading

気がつけば、、、

福岡店、福井です!!お家で過ごそう!!ということで今日は一日中映画鑑賞をしておりました。某オンデマンドサービスのおかげで気になっていて見ていない映画を漁っていたのですが気がつけばウォッチリストが数十件になってしまいました。中でも良かったのが神吉さんにも勧められたのですが「サバイバルファミリー」ネタバレになるのでひかえますが、原因不明の大停電の中で家族の絆を描いた作品です。今の状況が落ち着いたら実家に両親の顔を見に行きたくなりました。まだまだおススメしたい作品はたくさんあるのですが長くなるのでまたの機会にみなさんもお勧めの作品がありましたら教えていただけると嬉しいです。(fukui)

Continue Reading

気分転換に鴨川河川敷へ・・・

臨時休業から日課になった、ランニング&ウォーキング二条城に行く事が常ですが、気分を変えてたまには鴨川へ・・・四条大橋から加茂大橋まで往復で約6キロ弱、天気も良く、途中、飛び石で鴨川を渡ってみたりととても気持ちの良い時間でした!因みに加茂大橋がある出町柳、ここは鴨川と高野川という二つの川が合流する地点でもあり鴨川デルタとも呼ばれる三角州があり、休日ともなると沢山の人が憩いの場として訪れる場所でもあります。

Continue Reading

ピンクシボレー

先日の「ベリーニ」、「ハリーズ・バー」の話から。以下、また福西先生の本より。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜イタリアでは、このヴェネツィアの「ハリーズ・バー」から20年ほど遅れて、1953年、フィレンツェにも「ハリーズ・バー」が生まれた。オープンにあたっては、やはりパリの「ハリーズ・バー」に応詔をとったという。このフィレンツェの店と、ヴェネツィアの店のあいだに、経営上の横のつながりはない。それどころか、二軒の「ハリーズ・バー」は、お互いにライバル意識が強い。それは、フィレンツェの店のオリジナル・カクテルが、「ティツィアーノ」と名付けられていることがうかがい知ることができる。レシピは、赤いグレープ・ジュースを、イタリア産の発泡酒スプマンテで割る、というかたち。ヴェネツィアの店が、イタリア北部特産の桃と、同じく北部特産のプロセッコという発泡酒を材料に使うなら、こちらはキャンティ・ワインの本場の意地を見せ、ぶどうのジュースで立ち向かおう。発泡酒ワインも、イタリアを代表するスプマンテでいこう。ネーミングのほうも、むこうが画家名でくるなら、こちらも画家名で応戦しよう。そんな魂胆が見え見えだ。ティツィアーノとは、ジョバンニ・ベリーニの弟子として育った画家ヴェチェッリ・ティツィアーノのこと。その名を付けたティツィアーノというカクテル、残念ながら、親方名を冠したベリーニほどは人気がない。ヴェネツィアのハリーズ・バーに行って、このティツィアーノを注文すると、「ああ、ベリーニのグレープ版ですね」と、ニヤリとしながらつくって出してくれる。そのニヤリのうらには、今のひと言で軽くいなしたから、まァつくって出そうか、いう姿勢のぞいて見える気がする。フィレンツェのハリーズ・バーでは、「ティツィアーノ」のバリエーションとして、さらに「レオナルド」というオリジナル・カクテルも店のメニューに加えた。これはいちごが材料。熟したいちごをブレンダーでピューレにし、それにスプマンテを加え、混ぜる、というもの。ヴェネツィア生まれの「ベリーニ」のバリエーションともいえる。カクテル名のレオナルドは、ご当地トスカナ州出身のレオナルド・ダ・ヴィンチにちなんだもの。フィレンツェで、この「レオナルド」の味を知った客が、ヴェネツィアのハリーズ・バーでこれを注文すると、バーは「ベリーニ」が売りだから、あまりおもしろくはない。でも、客の前で不快感を表情に出せないから、そこは腹でグッと押さえて、「当店では、レオナルドではなく、ロッシーニという名でお出ししていますが、それでよろしいですか?」とお伺いを立てる。ロッシーニは、ヴェネツィアから近いマルケ州ペザーロ町出身のオペラ作曲家。フィレンツェ生まれカクテル「レオナルド」を、ヴェネツィア寄りの地出身の「ロッシーニ」に名称変更をしてしまう。『読むカクテル百科』

Continue Reading

ハリーズ・バー

ジュゼッペ・チプリアーニは、1900年に、北イタリアのヴェローナで生まれた。若い頃からウエイターの仕事に就き、各地のホテル、カフェで働いたのち、1927年、ヴェネツィアのホテル・エウローパ・ブリターニャのバーテンダーになる。1930年、そのホテルのバーに、今朝のホテルをチェック・アウトしたばかりの客が、打ちひしがれた様子で戻ってきた。彼は、アメリカの百万長者の息子で、まだ大学生。名前はハリー・ピカリング。たいへんなアルコール依存症で、今回の旅はその症状を癒やすため、伯母と執事で禁酒旅行している途中だった。ハリー・ピカリングの禁酒症状もピークを迎え、どうしてもカクテルを一杯やりたくなったので、連れの伯母の目を盗んで脱走し、このバーに戻ってきたのだという。彼は、チプリアーニのつくったドライ・マティーニを飲みながら、「折り入って頼みがあるんだけど……」と、言いづらそうに話し出した。金銭は、伯母たちが握っていて、彼は無一文だ。そして、こんな非人間的な禁酒旅行を強いられている。もう我慢ができないから、これからアメリカに一人で帰国する。ついては、このカクテル代とアメリカへの帰国旅費分として、一万リラ(アメリカドルで5000ドル)貸してくれないか?30歳のジュゼッペ・チプリアーニにとってそれは大金だったが、ハリー・ピカリングの苦悩と懇願の表情に何か心動かされるものがあり、妻の諒承を得て、ジュゼッペはハリーに一万リラを渡した。アメリカに戻ったハリーからは、しばらく便りがなかったが、翌年のある日、ジュゼッペのバーにハリーが突然訪れてきて、一万リラを返した。「どうも、ほんとうにありがとうございました。心からの感謝のしるしとして、こちらに四万リラを用意しました。あなたと私でバーを開きましょう。ハリーズ・バーというバーを」ジュゼッペは、人生何が僥倖をもたらすかわからない、と感じたに違いない。ありがたく好意を受け、水上バス停留所前の倉庫を買いとり、そこにハリーとのコラボレーションで「ハリーズ・バー」をオープンした。「読むカクテル百科」

Continue Reading

ベリーニ

ベリーニとは、ピーチ・ピューレのスパークリング・ワイン割り、といった構造のカクテル。イタリアのヴェネツィアの「ハリーズ・バー」で生まれた。〜〜〜〜中略〜〜〜〜〜ヴェネツィアのサン・マルコ広場のすぐ裏手、水上バス(ヴァポレット)停留所前に、高級レストラン・バー「ハリーズ・バー」がある。1931年5月13日、それまでホテルのバーテンダーだったジュゼッペ・チプリアーニが、ある知人と協力して興した店だ。ベリーニというカクテルは、そのジュゼッペ自身が、開店してまもなく考え付いた作品。北イタリア特産の白桃の稔る秋の季節に、熟した白桃をピューレ状にし、それにヴェネト州の北で生まれるプロセッコというイタリアン・スパークリング・ワインを加え、混ぜる。〜〜〜〜〜中略〜〜〜〜〜ジュゼッペ・チプリアーニは、ヴェネツィア派絵画の創始者として15世紀後半に活躍したジョバンニ・ベリーニの絵が大好きだった。1948年、ヴェネツィアでそのベリーニ展が開かれ、敬愛しているベリーニの絵に接したのを記念して、彼自身のカクテルを「ベリーニ」と名付け、正式に店のメニューに加えることにした。 「読むカクテル百科」 

Continue Reading

映画三昧

お疲れ様です、札幌店・小田です。先日のブログで、エアロバイクの写真に写っていた棚木がたわんでしまって、歪んでいましたが(^o^;)映画のDVDです。最近はインターネットで観ることが増えましたが、お気に入りの作品などは今でもDVDで購入していますレストラン系、お料理が出てくる映画など大好きです。それこそ、『ディナーラッシュ』は何回も何回も観ています!NY・トライベッカにあるレストランが舞台の映画。何気に仕事で大切なこと言ってたりしますし、登場するバーテンダーさんがとにかくめちゃくちゃ物知り!このぐらい何でも知っていたらどんな会話でも大丈夫!そして、先日エアロバイクをこぎながら観ていたのはこの『シェフ

Continue Reading

読書

お疲れ様です、札幌店・小田です。身体だけでなく、もちろん頭が鈍らないように。読書も。新しいものも良いとは思いますが、僕は割と何度も同じ本を読み返すタイプです。ここにある本はすでに何回か読んでいるのですが、その時々で自分の感じ方も変わるので、何回読んでもその都度学びがあります。バーテンダーとしてやっぱり。『バーテンダーズマニュアル』は、改訂版が出る度に買い直すようにしていますし、何回も読み返しています。サヴォイのカクテルブックはやはりカクテル作りの原典。ロンドンに行った際にサヴォイホテルにももちろん行きました!サービスに対しての考え方やアプローチの仕方など、とても得られるものが多いです。あ、超一流の雑談力はまだまだ僕には御座いませんので悪しからずm(__)m味というものに対してより掘り下げて。『味のなんでも小事典』はなかなか興味深い内容。そして、『天才シェフの絶対温度』、拘るならここまでとことん拘れる、やっている人がいるということを知って刺激を受けました。その時々の話題本というのも書店で確認して読むようにはしています。手放した本も多数ありますが、この本はいまだに手元にあって、何回も読み返しています。特に『GRIT

Continue Reading