旬、揚巻

この季節、いつも食しいと思う「揚巻(あげまき)」。有明海で捕れる貝の一種です。先月の福岡滞在中にいただきました。特殊な休みがあり、日にちや曜日の感覚がズレでた中で、季節の旬に会えて嬉しく思いました。食は力、元気に乗り切りたいものです。  

夏のお酒といえば

福岡は日も長くなり日中はかなり暖かくなり夏の訪れを感じています。冷たいものを飲む機会も増えてきた気がしますが夏のカクテルといえば多くの方はモヒートを思い浮かべるのではないでしょうかという事で今日はラムのお話を。ラムの原料と言えばサトウキビですがあのコロンブスが新大陸発見の折、西インド諸島に持ち込んだと言われてます。その後バルバドス島に移り住んだイギリス人がサトウキビを使って蒸留酒を作った説やスペインの探検隊がプエルトリコで作った説などがありますがいづれも17世紀には作られていたようです。そして18世紀になり三角貿易などにより普及していくのですが日本でブームになったのは1970年代にトロピカルカクテルが流行してからのようです。もちろんストレートで飲んでも美味しいラムはたくさんあるので今年は新しいラムも揃えてみるのもいいかも、と今からワクワクしております。(fukui)

リラ冷えの街、札幌

お疲れ様です、札幌店・小田です。緊急事態宣言が解除され、まだまだ少しずつですが動き始めた札幌の街。BARの営業再開まではまだもう少しの辛抱ですが、再開に向けてお店も気持ちもしっかり整えていっております! 雨の降る中、少しお散歩をしてきました。 札幌はいまライラック(英語:Lilac)の季節。フランス語(Lilas)から「リラ」とも呼ばれ、この「リラ」という響きが僕はとても好きです。タイトルの「リラ冷えの街」というのは、小説のタイトルや曲名になっているワードです。他にも、さだまさしさんの歌にも「リラ冷えの朝」という歌詞がありますし、光GENJIさんの歌にも「リラの咲くころバルセロナへ」というタイトルの曲があります。 東京にいた時はそもそもライラック自体を見かけることが全然無く、全く馴染みがありませんでした。 「リラ」札幌に来てから見つけた好きなものの一つです🎵

中洲Now

中洲独特の景色です。まだ活気は全くもって戻りません。6月1日から周辺のお店も再開するみたいです。早く、気にせず存分に楽しめる状況になる事を願うばかりです。徘徊してると、、、丸源36ビル。「マルゲ」になっとる。銀座の丸源15ビルは、「ムグ」になってましたが、、、、。今、どうなっとるんやろ? 

福岡、中洲店より

本日17時より、福岡店を営業再開します。緊急事態宣言解除より10日経ちましたので、トレーニングとして再開です。まだ緩みを警戒しないといけない時期ですので、私達もキチンと対応を踏まえた営業をいたします。営業時間は24時まで。今後も何卒宜しくお願い致します。     

今一番のストレス

色んなイベント等が中止になってますが、私個人で感じてるストレス。「氷が彫れないこと」夏の全国展も中止になりました。何だかつまんない夏になりそう。。。。そんな事を思ってると、、、、そう言えば、ブログで今年の冬の作品あげとらん!汗ばむ季節になってきましたが、そんな時期に写真公開。1月の作品ですが、、、、今頃すみません!

中洲近況

福岡県の緊急事態宣言は解除となりました。しかしまだ再開の状況とは思えず、休業としております。解除とは言っても、まだ油断できない時期。さすがに出てきてないようです。福岡県としては、バーはOKと改めての発表がありました。これが早く皆さんに伝わるといいですが………。再開の準備をしつつ、様子みて、また案内致します。

スティーブ・ジョブズ

  先日、媚山マスターよりLINE。http://www.youtube.com/watch?v=o8upqqn6FQo最初に驚いたのは、マスターからYou