Bar Vespa | バーベスパ | Alfons Mucha ミュシャ展
8419
post-template-default,single,single-post,postid-8419,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-4.7,paspartu_enabled,fs-menu-animation-underline,popup-menu-slide-from-left,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive

Alfons Mucha ミュシャ展

お疲れ様です、小田です。

先日、『Alfons Mucha ミュシャ展』に行ってきました。

ミュシャといえば、
モエ・シャンドンなどのお酒や舞台など、多くのポスターを制作したことでも知られる
チェコを代表する近代画家の一人です。

今回のミュシャ展は
ミュシャが約16年という歳月と心血を注いで作り上げた超大作であり、
門外不出とされてきた「スラヴ叙事詩」、
その20作全てが来日しての展示という大がかりなもの。

チェコ国外においては世界初という、前代未聞のものです!

連日大混雑ということでしたが、
私が行った際もとても混雑していました。

10時開館で、私が着いたのが10時5分。
チケット売り場はもちろんのこと、入場にもすでに列が出来ているほどでした。。。

でも!
それだけの価値は本当にあると思います!

「スラヴ叙事詩」を今後日本国内で見られることはそうそう、
いえ、きっと無い可能性の方が高いです!

20作全てを日本国内で見られるというのは本当に貴重な事、
少しでも興味があって迷っている方はぜひ行くべきです!

と、いうところで、
今回のミュシャ展では一部写真撮影可のエリアがありましたので、
そちらの写真を。

「スラヴ叙事詩」のうち、5作品です。

スラヴ叙事詩⑮
イヴァンチツェの兄弟学校
クラリツェ聖書の印刷

スラヴ叙事詩⑰
聖アトス山
正教会のヴァティカン

スラヴ叙事詩⑱
スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い
スラヴ民族復興

スラヴ叙事詩⑲
ロシアの農奴制廃止
自由な労働は国家の礎

スラヴ叙事詩⑳
スラヴ民族の賛歌
スラヴ民族は人類のために

どの作品も実物は大変巨大な作品で、写真では全然伝わりきれないほどのスケール感があります。

ぜひ美術館に足を運んでみて下さい。

『Alfons Mucha ミュシャ展』
@東京・国立新美術館
2017.3/8(水)~6/5(月)