Bar Vespa | バーベスパ | 寒い夜にはモルトで・・・
1463
post-template-default,single,single-post,postid-1463,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-4.7,paspartu_enabled,fs-menu-animation-underline,popup-menu-slide-from-left,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive

寒い夜にはモルトで・・・

先日、京都限定のウイスキーをご紹介しましたが、今回はアイラ島のウイスキーです。

写真、左から「キルホーマン・2008 7y/バッファロートレース」
        「キルホーマン・100%アイラ」
        「キルホーマン・2009 5y バーボンバレル」

まず、「キルホーマン・2008 7y/バッファロートレース」
オフィシャルでは最長の7年熟成
熟成に使用した樽はバッファロートレースというバーボンの空き樽のみを使用した一本。
スモーキーさとバニラのような甘味が感じられるとか・・・

次に「キルホーマン・100%アイラ」
麦の栽培、製麦、蒸留、熟成、瓶詰」の全ての工程をアイラ島のみで行った、まさしく100%アイラですね。
思いっきりアイラを感じる一本では・・・

最後に「キルホーマン・2009 5y」
バーボン樽のみで5年熟成、カスクストレングスで57.8度とパンチのある一本。
バッファロートレースとの違いを楽しむのもありですね!

というわけで、これから益々冷え込む夜にはモルトで温まるのもいいですね。