Bar Vespa | バーベスパ | 続・余市蒸留所
1192
post-template-default,single,single-post,postid-1192,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-4.5,vertical_menu_enabled,paspartu_enabled,menu-animation-line-through,side_area_uncovered,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

続・余市蒸留所

お疲れ様です、小田です。
先日に引き続き、余市蒸留所の写真を載せていきたいと思います。

DSC04518.jpg

ここでは樽の製造工程が展示されていました。

DSC04526.jpg

DSC04519.jpg

DSC04520.jpg

DSC04521.jpg

DSC04522.jpg

DSC04523.jpg

DSC04524.jpg

ウイスキー製造の順番で言うと、蒸留・混和と前後してしまうのですが、発酵棟です。
現在、粉砕・糖化棟は見学できないため、ここに糖化の工程も一緒に展示されていました。

DSC04577.jpg

DSC04578.jpg

DSC04579.jpg

DSC04580.jpg

貯蔵庫。
DSC04584.jpg

DSC04536.jpg

DSC04582.jpg

DSC04583.jpg

ここで長期間熟成させることで樽材の成分や気温や湿度などの影響を受け、
味わい深く香り高い琥珀色の液体となっていきます。

ちなみにウイスキーの樽熟成における色の変化はこのような感じです。

DSC04556.jpg

DSC04557.jpg

DSC04558.jpg

揮発もしていくので、樽内での液面にも変化が生じます。

以上、前回と今回はウイスキー製造工程の見学の写真を載せさせて頂きました。