02
September
blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image blog image

サッポロビール博物館

By oda In Vespa SAPPORO Comments: 0 Tags: 小田

お疲れ様です、小田です。
ただいま、2度目の札幌店に入っております。(8月17日~9月6日)
札幌→サッポロということで、サッポロビール博物館に行きました。

外壁は残念ながら改装工事中。

入ってすぐ2枚のポスター。

見学ツアー開始までの時間調整でグッズ売り場へ。
8リットルのジョッキって・・・
値段もさることながら、サイズが半端じゃなく大きい!!!

いよいよツアー開始♪
ここからは一気に写真で。

ビールづくりは北海道の開拓とともに進みました。
北海道開拓といえば、2代目総理大臣ともなる黒田清隆です。

そして実際にドイツでビールづくりを学んできたのが中川清兵衛。

いよいよ始まったビールづくり。
開拓使麦酒醸造所の開業式の写真です。
樽に書かれている文字は右上から縦に読み
「麦とホップを制す連者(れば)ビイルとゆふ酒になる  開業式」
と書かれています。

当時はビール専用のボトルはなく、空き瓶をリサイクルで使用していたとのことです。
コルク栓ということもあり、吹き出すことなく配送するのが困難だったとか。

官営から民営へと移ります。

渋沢栄一!?
思わぬ大物が登場しました。
これは正直知りませんでした。

札幌麦酒の東京進出。
拠点は吾妻橋。
現在のアサヒビール本部所在地です。

大阪麦酒(アサヒビールの前身)、日本麦酒(恵比寿ビールの前身)、札幌麦酒(サッポロビールの前身)が合併し、大日本麦酒が誕生。
なるほど、これで現在アサヒビールの本部所在地が吾妻橋にあることも納得できます。

ここからは昔懐かしのボトルデザインです。
中にはあまり馴染みのないものも。

サッポロカップ生。
これは海外向けの商品とのことです。

とても有名なポスター。

長嶋さん!!!

やっぱりこのキャッチコピーが印象的です。
「男は黙ってサッポロビール」

これは個人的な趣味です。
すみません。。。

頭でサッポロビールを味わった後はもちろん舌でも味わいました♪

左から
・サッポロ生ビール黒ラベル
・サッポロクラシック
・開拓使麦酒
どれもそれぞれの味わいがあって美味しかったです♪♪♪

0 Comments